データのバックアップ作業

落下による液晶の破損や水没など不注意でスマートフォンを壊してしまった場合には、専門の業者に修理を依頼することで直してもらうことができます。修理業者は正規店と非正規店の2種類から選ぶ形となりますが、正規店に修理を依頼する場合に気を付けなくてはいけないのがデータの初期化です。メーカーの認可を受けている正規店では、個人情報保護の観点から修理を行う前にデータを初期化することが義務付けられています。そのため、修理が終わって手元に戻ってきた段階で電話帳やアルバムなどのデータは全て消去されている状態です。大切なデータを失いたくないという場合には、事前にパソコンなど別の機器にバックアップしておく必要があります。

SNS関係の情報をメモしておく

データのバックアップと共に正規店にスマホの修理を出す場合にやっておかなくてはいけないのが、アカウント関連のメモです。前述したように、正規店は依頼者とのトラブルを避けるためにデータを消去して出荷当時の状態に戻してしまいます。当然SNSなどのアプリも全て削除されてしまうので、再インストールをしなくてはいけません。利用者の中には、IDやパスワードを忘れしまい、再ンストール後のログインができなくなるミスをしてしまう人も多くいます。ウイルスから携帯を守る有料のセキュリティソフトなどは、ログインができないと再インストールすることすらできません。自信がない人は万が一に備えて出荷をする前に紙などにメモをしておくことが大切です。

スマホ修理の藤沢の店は、事前に予約しなくても、修理に対応してくれます。電話で事前に問い合わせをしておけば、来店時間を教えてくれるので、すぐに修理に取り掛かってもらうことができます。